あの人の気持ち タロット 占い 壁宿 結婚 幸運年

【あの人の気持ち タロット 占い 壁宿 結婚 幸運年】

元日は神社で神様に、盆休みは寺院で仏様に手を合わせて祈りますが、一世は、浮き沈みがあるものです。参った、大事なことを決定しないといけない、迷いが出てくる、ということがあります。
こんな際は、占いを実行すると面白みのある結果が出る可能性があります。青年男女の頃は、占星学や恋のための幸運年の頁を読み進めては、嬉しいことしか信仰していませんでしたか?
自分のふたご座と相性がいい星座を調べ上げたりと、気軽に遊ぶ感覚でした。一昔前、タロットカードを適用した幸運年と偶然に出会って、ヒットする率の高さに驚嘆しました。
会社の男子社員がねたむ美人という声がある女性社員がタロットを使った色恋結婚を受けに行った経験があります。過去の色恋で、結婚を邪魔する年配者のカードが出て、壁宿師が女子社員に問いかけを行うと、昔日、許婚の父に断られたと、話し出しました。
また、正しくない道に向かっているのを諫言するような天の意志のカードが現れ、幸運年師がそのことを伝達すると、女性の面色が徐々に血の気が失せてきました。
恋愛している時に、とても恐ろしい経験があったのだと、後日聞かされて知りました。
今日、事業者の方と親しくなると、霊能者を紹介されるケースが増えてきました。実業家が決断に迷う時、人事制度の問題で困り果てる時、霊能者と話をすると事業者が決意したことと、ピタリ合致するのだと言います。
タロット壁宿自体は不思議な力を引き起こすと言いますが、親族に付随することで、自分もスピリチュアルな経験が膨らみました。神様や仏様と同等に、タロットを信仰して、カードを棚に飾り日々感謝しています。

幸運年の中でも毎年の運気も重要な役割を持っています。人には「決まった結婚に打ち勝つ」力もありますが、そのパワーもタロットは知っているのです。
上手く運を引き寄せて力を身につけておいたことで、運の向いていない時期にそれを打ち負かしたという結果が珍しくありません。
どうしても逃げられない悪い運勢は存在します。
さらにその悪運がなければタロットも来ないという、交互に合わさったものとも言えます。懇意にしていた方との別れを体験する年となりそうです。
付き合っている人がいるなら別れることになる、意中の人がいて実りそうだったのにあと一歩のところで失敗する、結婚の約束が取り消されるというようなことが起こります。ですので、失敗をしたとしても、それは時流によるものです。
相手に執着するより、別の相手にシフトチェンジした方がいい出会いが見つかると考える方が賢明です。
ただ、違う人を好きになったとしても、二人の関係が順調に進むためには大変な労力を必要とします。
孤独や悲しみはそのままにしなければならない時期に来ています。この時期があってこそ、新たな出会いがあるのです。
それでも、月干星が「偏官」「正官」「偏印」「印綬」に位置するときには、比較的落ちついた気分で過ごせます。
もちろんのことですが、大運とのバランスで吉凶は変わってきますので、
占いが面倒なのは、判断に困ることもある点にあるのですが、アテになる幸運年師を探して大まかな星の動きから細かい人間模様まで把握してもらえます。

関連記事